第2回 膝がはずれるって何??(小型犬編)


「膝がはずれてるよ」ってことを耳にしたことはありませんか??

これは「膝蓋骨脱臼」という状態を指していて、小型犬にも大型犬にも起こりうる疾患です。今回は小型犬に多く見られる「膝蓋骨内方脱臼」についてのお話です。膝蓋骨内方脱臼は、グレードⅠ~Ⅳに分類され、グレードⅠは四段階の中では症状は軽く「膝蓋骨は手で押すと脱臼するが手を離せば正常位にもどる」(注意:危険ですので、決してご自身で確かめようとしないで受診してください)ことを指します。しかし、放置していると膝関節炎や前十字靭帯断裂のリスクが高まることもあり大変な状態になることもあります。したがって、定期的に受診されることをおすすめいたします。外科による手術でしか脱臼をしないように整復する方法はありませんが、状態によっては必ずしも手術しなければならないわけではありません。詳しくは当院までご相談ください。

膝蓋骨の脱臼 グレード分類(Singletonの分類)

グレードⅠ:膝蓋骨は手で押すと脱臼するが、手を離せば正常位に戻る。

グレードⅡ:膝蓋骨は膝を屈曲するか手で押せば脱臼し、膝を伸展するか手で押せば整復する。

グレードⅢ:膝蓋骨は常時脱臼したまま、手で押せば整復、手を離せば再脱臼する。

グレードⅣ:膝蓋骨は常時脱臼し、手で押しても整復されない。

What's New

 

 

ノミ・マダニ予防

 

 

 

フィラリア症予防  

 

 

順次ページを増設しますので

今しばらくお待ちください。

尚、ご質問等は直接お電話ください。 

 

 

<ソラタ動物病院>

〒662-0836

兵庫県西宮市大畑町1-2

(0798)65-7183